Kaspersky Internet Security 7.0

ウィルススキャン中は他のアプリケーションの動作がものすごく重くなるノートンアンチウィルスに見切りをつけ、とりあえずどんなもんかなとKaspersky Internet Security 7.0 45日評価版をインストール。

Kaspersky Internet Security 7.0導入後のアプリケーション(OS含む)の起動が重い。
何故重いのかと……おもったら"学習モード"を有効にしてあると重いのか。
二度目以降の起動は普通と変わらんですな。

アプリケーションを起動するたびに聞いてくるのが邪魔な場合、信頼するアプリケーションに追加しておくといいらしい。

完全スキャンや定義ファイル更新なんかはCPUの空き時間を利用してやっているようだ。
デュアルコアCPUとかだったら完全に気付かんだろうなこれってぐらい軽い。
これなら毎日完全スキャンでも問題なし。

UIがちょっと扱い辛いと思ったが、これは"慣れ"だな。
用語が分かり難いのはどうしたもんかw

とりあえず、今後はこれにするつもり。
評価期間が終わるぐらいに3ユーザーライセンスでも買おうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です